明るく楽しい吉岡萬理展は好評のうちに終わりました。

次の企画展は、来週 8日(金曜日)から 東京 国立の 匙屋 さかいあつしさんと、三重県四日市の陶芸家内田京子さんの二人展です。

さかいさんの作られるスプーンは、桜や、ウオルナット、銀杏など、食べられる実のなる木を主に用い、拭き漆で仕上げた、口当たりがなめらかで、心地よい匙です。

新作のレンゲやサーバーも届く予定です。 写真の六角盆や、鏡なども並びます。

ホウロウの器がお好きだという、内田京子さんは、粗い石の残った土を用いながら、手びねりで、やさしい形の器を作られます。 マグカップや、ボウル、水差しなど、暮らしを楽しくする器たちが並びます。

さかいあつしさんと内田京子さんは、8日9日と会場に来てくださいます。

さかいさんは、匙 ができる行程を、会場で見せて下さいます。

是非、お立ち寄りください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 次はさかいあつし+内田京子二人展です
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on Facebook

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする