» 2011 » 3月のブログ記事

萬理ワールド炸裂!

27日(日)6時半までやってます。
是非!!

本日から10日間、吉岡萬理さんの個展を開催いたしております。


今日、明日の二日間はこちらにいらっしゃいます。
穏やかな作風に見合う笑顔の素敵な方です。
是非会いにいらしてください。

明るい気持ちになるスペイン、イタリア風の明るい色彩の器達・・・かと思いきや和の心を感じる粉引き、鉄彩、刷毛目などの伝統的な陶器もあり、見て、触って楽しめる空間になっております。
メキシコの農夫カルロス君のお皿です。
癒されます。。。



カラフルなドットと英文字柄のスープカップ。
少し厚めの縁は 口当たりにやさしく、直に触れても気持ち良い。
スープだけでなく、デザートや 和風に豆腐やお浸し、漬物なども似合う。

今年初めての企画展は 3月18日(金)から27日(日)まで 明るい色柄の器でおなじみの吉岡萬理さんの個展です。
吉岡さんは 1963年 奈良県桜井市生まれ。
大阪芸術大学で アメリカンフットボールに従事。卒業後 陶芸家 川淵直樹氏に師事され、現在は 奈良県長谷寺近くの工房で制作されている。

スペインやイタリアが大好きで、ラテン風 元気の出る色絵の器と、
萩風の それはそれは渋い器や、鉄彩、刷毛目、粉引きの器も創られます。

いつの頃からか、吉岡作品の常連となった、メキシコの農夫 カルロス君も 春を迎えて、パワーアップして登場します。

見て楽しい、使ってたのし 吉岡ワールドに ぜひ お立ち寄りください。

吉岡さんは 17日(金)と 18日(土)は会場におられます。





マットな黒に 少し光沢のある黒のストライプが微妙なニュアンスの盛鉢。
和風の煮物の盛り付けにはもちろん、洋風のサラダやくだもの、チーズなどでも素敵です。